2017年03月19日

遠藤康の実力に改めて魅了されました。

今季、鹿島には10番がいません。

攻撃だけでなく、試合の責任を受け持てる、そして選手のお手本になれる、それが10を背負う人間に課せられた資格です。
これはかつてジーコが言っていたことですが、
今季の鹿島には10がいないんです。

相応しい選手がいないから仕方ない、という意見もありますが

遠藤康が10の候補になり得るのではと思ってます。
ここ最近の試合もそうですが、
今季は特に彼の力強さを感じます。

ドリブルの上手さ、キープ力、キックの精度などの技術水準が高く
右サイドだけでなく左に流れて正確なクロスを上げるなど攻撃を牽引する姿は鹿島の攻撃の中枢と言ってもいいのではないでしょうか?

コーナーキック、フリーキックの精度、弾道の鋭さは惚れ惚れしてしまいます。

昨日の試合の輝きぶりを見て、改めて思いました。
遠藤康こそ10を背負うべきだ。

レアンドロの加入でポジションを奪われてしまうのでは?とシーズン開幕前に心配しましたが、
元ブラジル代表にポジションを奪われることなくレギュラーを張って攻撃を牽引している姿を見ると、彼ならもう一段階上に行けるのではないか、と期待せずにはいられないです。
鹿島で一番ドリブルが上手いと内田篤人に言わせしめた男ですから、
もし可能ならこらからでも背番号の登録を10に変えて欲しいとさえ思います。

とにかく、昨日の2ゴールは遠藤の精度の高いキックの賜物。

リーグ再開後も彼のキックで鹿島を勝利に導いて欲しいものです。



読んでいただいてありがとうございます。
ランキングの応援をお願いします。










PR



posted by すせっそ at 14:43 | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする