2017年03月18日

清水戦の勝利を反芻中です。

家族でラーメンにて祝杯をあげて来ました私、すせっそです。

いやあ、今日のラーメンは激ウマでした。まさにメシウマでした。

ラーメンを食べて肉体的には満腹なのですが、


さらに勝利を反芻して、さらにお腹いっぱいになりたいと思います。



【鹿島】やられたら、やり返す――植田直通が遂行した2つのミッションとは?
サッカーダイジェスト編集部


「絶対に取り返してやろうと思っていた」

[J1リーグ4節]清水2−3鹿島/3月18日/アイスタ

 3-0で完勝した4日前のACL3節・ブリスベン・ロアー戦でも、CKのチャンスにチーム2点目となるゴールを決めている。それだけに良いイメージはあったのかもしれない。

 0-2で迎えた74分、遠藤康のFKをヘッドで叩き込む。頭ひとつ抜け出した、対空時間の長い力強いヘディングシュートだった。

 植田直通のこのゴールが反撃の号砲となり、鹿島はその後、鈴木優磨と金崎夢生がネットを揺らし、2点差をひっくり返す劇的な逆転勝利を収めた。

 クラブの公式HPで、植田は次のように試合を振り返っている。

「0-2からひっくり返せたことは今後に向けても強みになると思うけど、失点は悔しい。自分のミスで取られたので、絶対に取り返してやろうと思っていた」

 やられたら、やり返す――。たしかに最初の失点は植田のミスからだった。クリアボールが相手に当たり、そのまま持ち込まれて先制点を奪われた。

 DFとして失点の責任を痛感していたに違いない。どんなに頑張っても、相手の得点は取り消せない。仮りを返せるとしたら、これ以上の失点を許さず、そして自分がゴールを決めるしかない。このふたつのミッションを、植田は完璧に遂行してみせた。
 
 持ち前の空中戦の強さで今季リーグ初得点を挙げ、終盤の相手のパワープレーに対しては、身体を張って弾き返す。日本代表にも定着しつつある22歳のCBは、攻守に際立つパフォーマンスで、敵地での貴重な勝点3を手繰り寄せた。

2017年03月18日

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=23601 より





【鹿島】鈴木優磨が止まらない! 劇的な逆転勝利に導く同点ヘッドで“不敗神話”を更新
サッカーダイジェスト編集部
2017年03月18日

「自分は中にいようと意識して、良いボールが来ました」

鈴木優磨が決めれば鹿島は負けない――“不敗神話”を持つ背番号9が、またもや勝利を呼び込む活躍を見せた。

【清水 2-3 鹿島 PHOTO】終盤の怒涛の反撃で鹿島が0−2から逆転勝利

 清水とのアウェーゲーム、鹿島は2点を先行される苦しい展開だったが、まずは植田直通が1点を返すと、その5分後、試合を振り出しに戻すゴールが生まれる。

 79分、左サイドから永木亮太の長いボールが供給されると、中でスタンバイする鈴木が得意のヘッドで合わせてネットを揺らした。

「金崎選手が(途中出場で)入ってきて、サイドに流れてもらって、自分は中にいようと意識して、良いボールが来ました」

 鈴木のゴールで同点とした鹿島はその後、金崎の逆転弾で試合をひっくり返し、勝点3を掴み取ってみせた。

 鈴木は「2点取られる前に試合を決められれば良かった」「修正点はまだ多い」と課題を口にするが、自身は絶好調をキープ。3月10日のJ1横浜戦、4日後のACLのブリスベン・ロアー戦に続き、これで公式戦3試合連続ゴール。先発にこだわり続ける男は、清水戦でもスタメンに抜擢され、そして結果を出してみせた。

 抜群の決定力と勝負強さを誇る鈴木のさらなる飛躍が楽しみだ。


http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=23582 より

サッカーダイジェスト先生の記事を読みながら、ご機嫌な夜を過ごしております。

鮮やかな逆転勝ちでした。

マジで「もうだめかも。。」と少し覚悟しつつありました。
さんざん攻めてるのに点が入らない。

なのに清水にカウンターを決められたり、絶体絶命なシーンを演出されたりした挙句、
同点に追いつくどころか、2点目を決められたら、そりゃあ自暴自棄になりますわ。
清水の術中にハマってしまったと思いました。

何よりも先制点のシーンは昌子が競り負けて、植田のクリアミスで先制点を許してしまったということで

正直「うわあ、やっちまったなあ」と思いました。
日本代表に選出された二人が原因となった失点はショックでした。


しかし、植田はさすがでした。
「絶対に取り返してやろう」と思っていて、しかも本当に自ら得点を決めましたからねえ。
やっぱり凄いな。気持ちの強さっていうのがやはり代表に選ばれるだけのことはあります・

結果として11分間で3ゴールを奪うことに成功した鹿島が勝ったわけですが、

植田の意地が反撃の口火を切ったのが大きかった。

植田はACLに続いて2戦連発、優磨は3試合連続のゴールとなりました。

俺たちの鹿島イレブン、なんて頼もしいんでしょうか。

今日はとても嬉しい気分良く眠れそうな気がします。

三連休の初日に勝利できて本当によかった〜〜〜。



読んでいただいてありがとうございます。
ランキングの応援をお願いします。










PR



posted by すせっそ at 22:04 | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする